panelarrow

女子と2人っきりの時間を楽しみたい人におすすめのライブチャット紹介

動画外国人SEX神戸人妻個人画像爆にゅう動画風呂チャットオナ潮高齢夫婦おめこ隠語レッスン黒人女性き画像無料長野人妻投稿動画

テレホン番組

本日インタビューできたのは、まさしくテレホン番組、以前からステマの正社員をしていない五人の少年!
駆けつけたのは、メンズキャバクラで働いているAさん、現役男子学生のBさん、自称芸術家のCさん、有名芸能事務所に所属するのを諦めたDさん、漫才師を目指すEさんの五人で
筆者「では先に、辞めた動機から聞いていきたいと思います。Aさんは後ほどお話しください」
A(メンズキャバクラ勤務)「小生は、女心が分からなくて気がついたら辞めていました」
B(大学1回生)「うちはテレホン番組、稼げれば何でもやると思ってスタートしましたね」

テレホン番組は個人主義の夢を見るか?

C(表現者)「オレは、テレホン番組歌手をやってるんですけど、長年やっているのに少ししか稼げないんですよ。有名になる為には詰らないことでもこつこつ下積みするのが一番なんで、、こんなバイトやりたくないのですが、テレホン番組差し当たってアンダーグラウンドな経験を蓄積しようと思って」
D(有名芸能事務所所属)「おいらは、○○ってタレント事務所に所属してダンサーを志しているんですがテレホン番組、一度の舞台で500円ぽっちしか頂けないんで…先輩に紹介していただきサクラのバイトを仕方なくやってるんです」
E(コメディアン)「実を言うと、テレホン番組俺様もDさんと似たような状況で、1回のコントで数百円のけして楽じゃない生活してるんです。先輩から紹介を受けて、ステマのアルバイトを開始しました」
意外や意外、五人のうち三人がタレントプロダクションに所属中という華々しいメンバーでした…、やはり話を聞いてみずとも、彼らにはサクラによくあるおもしろエピソードがあるようでした…。

Comments are closed.